From Clare's sister


お引越し

引っ越します。
http://d.hatena.ne.jp/hanaboat/
[PR]
# by shopholic | 2005-12-09 13:20 | LIFE


へるぷみー

BOSSからレポートの宿題が。
わからん、どこからはじめていいのか、全く全くわからん。
締め切りは1週間後なんだけどさー、全く訳わかってなくて困ってつい現実逃避してます。
テーマは"Web 2.0"です。
はー、くるしい。昨日から泳いでる最中も、寝る前も、うんうん考えてます。
ネットで検索すりゃーいろいろ出てきますが、文型人間には???なことばかり。
もうこうなりゃ素人の私にしかかけないレポート目指すしかないけど... はー苦しい。
[PR]
# by shopholic | 2005-12-08 13:58 | LIFE


Things have changed...

長いプー太郎生活のためにパフォの活動中止を余儀なくされ、結局そのままチームの練習にも戻れずじまい。
JSCのステージは観客席から見ることに。
姫たちの登場前は、ほんとにどきどきしてしまい、とても冷静には見られませんでした。
それでも、恥も何も捨てて、黄色い声で叫んでいたけど。
5ヶ月前、LACで皆と同じステージに立ったのが嘘のよう...
最近は元チーム仲間たちと会う機会も何度かあり、JSC後のチームの方向性等をなんとなく聞いてはいたのだけど、以前東京へ本格的に進出する計画を話していた師匠の計画、結局なくなったようで、ちょっとびっくり&がっかり。
まあ、いろいろ事情もあるようで...
久しぶりに彼女の日記を読んだら、東京でフリーで受けられるレッスンもなくなるというし。
彼女のレッスンに復帰するのを楽しみにしていたので、ショック...
初めてMさんのレッスン受け他のいつだろ?もう3年位前じゃないかな。
CUTEでSEXYで大好きだった。レッスンも、あのキャラも。
私がいろいろ悩んでいるときも、いろいろ元気付けてもらった。
残念ではあるけど、彼女の新しい挑戦に期待したいものです。
今度の週末は久々に皆で集まって盛大なパーティだし!!
そしてまた素敵なG-STRINGを用意しなければ。
前回のコンペでは1位でしたから!!商品にもらったバラの香水、大事にしてます。
ディフェンディングチャンピオン、タイトル保持目指すぞぉ~!!
[PR]
# by shopholic | 2005-12-05 10:52 | SALSA


久しぶりに

2週連続切花を買ってみた。
代官山に開店した○ーコックの店頭を通りかかると、どうも惹かれてしまって。
なかなか花の名前を覚えられないんだよね。
せめて自分が買うものくらい...でもこの白い花、何だっけ?
以前働いたことのある祐天寺に素敵な花屋があって、時々寄るようになり、祐天寺のファンに。
中目にも意外と花屋が多いと知ってびっくり。中目って、花屋のイメージじゃないし。
今住むところは好きな花屋が近くにないのが残念です。
銀座の裏通りにもまたちょっと可愛い花屋を見つけたので、また行ってみよう。
花を飾るのって、なんだかち
b0061663_16474122.jpg
ょっといい気分です。
b0061663_16463562.jpg

[PR]
# by shopholic | 2005-12-04 16:47 | LIFE


いいカモ

b0061663_15498.jpg
やはり銀座は危険な街だ...
転職してからも、なるべく仕事の後に必要以上に街の中をふらふらしたりしないように
心掛けているものの、今日帰りに○屋のコスメのコーナーをふらふらしていたら、メークの実演をそれまでしていたらしいblackのメーキャップアーティストらしいお姉さんとふと目が合い、こっちにいらっちゃい、見たいな感じですーっと誘導され、たまたまそこを通りかかっただけだったのに、あっという間に椅子に座り...
で、フルメークしてもらう羽目に。
ええ、もう綺麗に変身しましたよ。その後にデートの予定がないのがあまりに悔やまれるくらいに。
やはりプロの手にかかると、化けるもんです...
そこまで綺麗に仕上げてもらって何も買わずに立ち去るというのもさすがにできず、3点ほどeye shadowお買い上げー。
ああ、私って、なんていいお客さんなんでしょう...
いや、下手すると、メークに使ったもの一通りお買い上げ、なんて可能性もあったけど、それはあまりに散財しすぎですから、さすがにそれはやめました。
だって、使ったもの、コンシーラーでしょ、ファンデ、アイシャドウ4種類、アイブローパウダー、ペンシル、チーク2種、ハイライトスティック、口紅にグロスにマスカラ...ひゃーっ!!
確かに綺麗に仕上がってはいたけど、普段しっかりメークなんてしないものだから、ちょっといろいろ付けすぎだよーって気も。
それでも帰宅してすぐ落とすのが惜しくて、まだ落としてない... おいおい。
まあ、買ったからには使いましょう。たまにはプロのテクニックを学ぶのもいい機会です。
これでもオンナですから。
[PR]
# by shopholic | 2005-12-03 01:54 | SHOPPING


Wedding Dress

"ザ・ウエディング・ドレス展"なるものを見て参りました。
綺麗なものを見るのはもちろん好きだし、女子としてウエディング・ドレスにはやはり憧れますから。
今回はウンガロ、プッチ、ラクロアなど、ほんとに一流どころのオートクチュールのドレスが20点ほど展示されておりました。
ウエディング・ドレスと言っても、定番の白ばかりだけでなく、イエローやオレンジ、そして独特なゴールドまで。
もちろん素敵なドレスがいくつもあったけど、数年前のアカデミー賞の授賞式でハル・ベリーが着ていたドレスのデザイナー、エリー・サーブと言う人のが良かったなぁ。
一般ピープルにはとてもとても縁がないのでしょうが、実際おいくらほどなのか、やっぱり気になります。レンタルなら...?オートクチュールでレンタルなんてないか。
最近街の中で見かけるウエディング・ドレスのショップのウインドウを見るのも好き。
銀座の裏の通りにも、私のお気に入りの店があって、つい見入ってしまいます。
残念ながら、着用予定はまだございませんが...
b0061663_16373576.jpg

b0061663_16374955.jpg

b0061663_1638669.jpg

[PR]
# by shopholic | 2005-11-27 16:39 | ART


Corpse Bride

ちょっとしたミュージカルでした。
今、映画のサイトを開いて曲を聴いているので、見ているときのどきどきがまた蘇ってきて。
けっこうswing系も多かったなぁ。"Beetlejuice"もこんな感じじゃなかったかな?
ほんとにDanny Elfmanははずさない。すごく音楽が魅力的である。
これはサントラ欲しくなったよ。

今回もまた素敵な映画でした。TimとJonnyで、いい映画が出来ないわけないでしょ。
もちろんダークなファンタジー、キャラクターもどれも個性的。
主役のビクター君、ジョニーよりも、ちょっとエイドリアン・ブロディに似ていると思ったのは私だけか...?
泣きそうな顔のビクター君に、ヘアスタイルがちょっとおばさんぽい?ビクトリアちゃん、そしてCorpse Brideこと、エミリーちゃん、皆さん素敵ですが、あちらの世界の皆さんがもっともっと強烈だった。
カラフルなあちらの世界、この間見た"Chalie"の工場内を思い出します。
エミリーちゃんが踊っているところは、シザーハンズを見ていて一番泣けたあのシーンとかぶるし。
今回は、怒ってるエミリーちゃんの横でビクターがピアノを弾き、そこにエミリーちゃんが加わるところで 泣けてしまった。結末を読めない映画ではないものの、見ていて何度も鳥肌が立ったのは、大好きなTimの映画だからでしょう。
なんどもうっとりしちゃった。
そういえば、わんちゃんのscraps?かわいかったなぁ。
b0061663_13462589.jpg

b0061663_1347751.jpg

b0061663_13473028.jpg

[PR]
# by shopholic | 2005-11-03 13:47 | MOVIE


Chalie& The Chocolate Factory

鑑賞中にぐらぐら来て、しばらくおさまらず。劇場の2階席だったので、怖かった...

予想していたよりうんとよかった。
もっと子供向きの映画化と思っていたけど、結構ダーク。原作もそうなんだけどね。
幼い頃好きだったお話のひとつ。とはいっても、もう内容も思い出せないけど。

今回もTim Burton節、炸裂といった感じ。まさに彼の世界観だよ。
工場の入口、"It's a small worldか?"と思っちゃったけど、さすが、可愛いだけでは終わらないね。
工場のいろんな部屋とか、チャーリーのななめってるお家とか、何しろセットが凝っていて飽きないの。工場内の毒々しい部屋が印象的だった。

チャーリーを演じた男の子は、"Finding Neverland"で芸達者ぶりに惚れてしまったけど、今回もさすがの名演技。
どちらかというと、"Neverland"のときの方がもっと幼くて、もっと演技が光っていた気がするけど。
この作品のJonny Deppがマイコーに似てる、なんて話があったけど、似てはいなくても、強烈なキャラだった。
よくぞ彼は毎度毎度あんなに見事に変身できるものだ。
見た目は大人なのに中身は未熟、というキャラも、過去のいろんなものにイメージがかぶったけど、"シザーハンズ"のエドワードを結構髣髴とさせた。
ただの変人に終わらないところもまたすばらしい。

子供もまた皆インパクト強かった。忘れられないもん。
あれを見たドイツ人からクレームが来ないかとちょっと心配になったけど。

おっと忘れてはいけないウンパ・ルンパ達。
もう最高だった!1人のおじさんが何度も何度も演じたらしいけど、大変だったろうな。
ある時は工場内で作業、ある時はボートこぎ、またある時はウォンカの相談役(?)。
彼らの奇妙なダンスが目に焼きついてます。

チャーリーの家族、結びつきがほんとに強くて、愛が満ちてる感じだった。
チャーリーが自分の誕生日のプレゼントの貴重なチョコ、惜しげもなく皆と分け、美味しそうにたべるおじいちゃん、おばあちゃん...
家は古くても、皆で寄せ集まって、あたたかく暮らしてるんだろうな。

音楽がまたよい。Danny Elefman、彼の音楽って聴いてすぐわかっちゃうんだけど、毎回やられてしまう。どこか違う世界に誘われるのだ。

映画見て、久しぶりに原作も読みたくなったね。


b0061663_1594359.jpg

b0061663_15101712.jpg

[PR]
# by shopholic | 2005-10-20 15:05 | MOVIE


DIARY

子供の頃から、結構マメに日記つけてたの。
内弁慶で、なかなか外で思ったことを言えないせいもあったんだろうな。
おそらく、二十歳頃までは、途切れながらもこの習慣は続いていました。
サンリオのキャラクターもの、はたまた、父がアメリカ出張の際に買ってきてくれたカレッジもの、いろんな種類のノートにつらつらと書いておりました。
鍵のかかる立派な日記帳なんて持っていなかったけど、もちろん他人に見られることを想定していないし、だから何でも書くでしょう。
ある時過去の日記を読んでいて気恥ずかしくなったか、自分が嫌なやつに思えたのか、理由ははっきり覚えていないんだけど、なんだか気に入らなくって、何年分か、何冊かのその記録、ごっそり捨ててしまった...
衝動的に行動してしまうことは今も昔も変わりませんから。
あれらを残しておいて、例えば自分がカナダ滞在中に事故にあったりして二度と祖国の地を踏まず、で、母にでも読み返されてしまったら、母がどう思うのかなんて想像出来ないし(読んでも理解不能な箇所も多いかと思うけど)、そういう意味では、あの時一気に処分したことはあの時点で仕方なかったと思う。
でもね....やっぱり早まったかなとも思います。

仲間内で、私のメールの長さは悪名高い。
(一応)仕事中に打ってるパーソナルなメールでも長いんで、"あんまり長いから、プリントアウトして、ランチのとき読むよー"なんて言われてしまったり。
そんなある時、そんなに言いたいことがあるんなら、HP作って、いろいろ書けばいいじゃん!だって。でも、HPは私には敷居が高いよ...で、ブログで日記をつけるに至った。
それでももともと人に見せようとか、見られるとかあまり考えずにつけ始めたけど、ネット上に出る以上、人に見られるのは仕方がないことで。

だから、何でも書けるってわけじゃない。
第三者から見たらなんでもないようなことくらいならアップしてもいいけど、鍵つきノートには書けても、ブログには書けないことっていろいろある。
自分にとっては!!と、衝撃が大きくって、忘れたくないんだけど、公開したくないような内容は、やはりクラシックな日記につけるしかないのですよね。
なんかそのあたりのジレンマが...まどろっこしい。
でもそもそも昔自分がつけていたような日記=ブログにはなり得ないのだ。
[PR]
# by shopholic | 2005-10-19 16:31 | LIFE


Long long job hunting

ほんとに長い長いトンネルでした。
でも決まるときはあれよあれよと言う間にあっさり決まってしまったこの不思議。
あのエージェントが私のこと見つけてくれてほんとに良かったよ。
公式に退社したのは6月の終わりだけど、5,6月に有休扱いで出社していなかったので、実のところ、5ヶ月以上働いていなかったことになります。
もうちょっとで今年半分以上怠けている人になっちゃうとこだったよ。
さすがに精神的にもよろしくないでしょ。失業保険もらっても、その中から家賃払って、国民健康保険や年金も払うと、いくらも残らないし。好きに出かけたり、遊びに行ったりもできなくなるよね。
アパート引き払ってこっちに来れば?と何度か言ってくる母に、そんな気は全くない私は、ほおっておいてよ~としまいにはキレる始末。
まあ、私の失業、しかも間が空くのはこれが初めてではないし、年老いてきた両親、特に母も気が気でなかったのであろうけど。
またも親不孝で母の心労を重ねてしまったのは認めます。
この5ヶ月の間に実に30社近くでinterview、自分で先に進まないことを選んだ数社もあるものの、NGの多さよ。ほんとにいろんな会社に行ったものです。
大企業もあればベンチャーのようなところあり、自動車、金融、教育、不動産投資、ヘッドハンティング会社etc...
今思えば、いろんな会社を見られたのは貴重な経験ではあったけど。
自分のプレゼン能力の低さは自覚していたし、何度interview受けてもなかなか進歩しないことに我ながら苛立ちを覚えたりしていたけど、とうとうご縁がありました。
踊りの師匠に言われた、"どんな職場でどんな仕事に就きたいのかしっかりイメージして、神様にお願いすれば、絶対決まるよ!"と言うお言葉。まあ、彼女は相当spritualなものにハマっている人で、方や私は、妄想することもあるけど、就職に関しては現実主義者で、あまりイメージがわかないの。
でも、前の職場を去る時に、また銀座付近で仕事を見つけられるようなイメージだけがあって、それは現実となった。強くそれを願ったせいかもしれないし、だとすると、踊りの師匠の話もあながち間違ってないのかも...
この夏は楽しい思い出がほとんどないのよね。
予想以上にjob huntingに振り回されたし、経済的にも余裕がないので、いろいろ断念せざるを得なくて。
そして季節も変わり、スーツ新調しないといけないかな、とちょっと心配になってきたところだったけど、ぎりぎりセーフです。水没させたケータイも、活動中に壊れると結構困り者だったけど、なぜか今も無事。
夏に出来なかったことたち、この5ヶ月にたまったものをこれから徐々に発散するぞぉ~!!
[PR]
# by shopholic | 2005-10-08 17:28 | LIFE

    

きゃーぁぁっっ
by shopholic
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31